防音対策の犬小屋

田舎暮らしをしながら製作する犬小屋は、オリジナルでないと面白くない。国産材を使いオリジナルな犬小屋を製作・販売致します。

防音対策の犬小屋

最近よくワンちゃんの無駄吠えに困ったお客様よりお問い合わせを頂きます。

・朝早くから散歩に連れて行けと鳴いて近所に迷惑をかけている
・夜中前の道を人が通るたびに鳴き困っている
・マンションで飼っているが外出中鳴きつずけ近所から苦情がきて困っている。

などの内容の方が多いです。

私は、1年前より防音対策の犬小屋には取り組んでいましたが今回騒音計測器を買い
木質でできる限界まで防音にしました。

・小屋の板の厚さ5cmとし上下の板は凹凸加工で合わせ気密にします。
・内部に遮音シートを張ります。その上にヒッカキ防止に10mmの板をはります。
・扉のガラスは、5mmガラスを空気層を作り2枚合わせにします。

などなどの工夫して製作しました。これが木質のできる防音の限界だと思います。

完全防音とまではいきませんが携帯電話など鳴らしてもほとんど聞こえません。
計測結果 (普通の会話60デシベル 静かな事務所50デシベル)

三角屋根 
扉を開けた状態 距離1m?2m   73デシベル
扉を閉めた状態 距離1m?2m   51デシベル
フラット屋根
扉を開けた状態 距離1m?2m   73デシベル
扉を閉めた状態 距離1m?2m   42デシベル
やはり屋根がフラットの方が気密になる様です。

よく質問を受けます。
「酸欠で死んでしまわないか」

木質ですから酸素がなくなるほど気密にはできませんがいちお25mmの
穴を二ヶ所開けています。それでも心配な場合は壁と屋根の間に何かをかまし
隙間を作る方法もあります。
「夏場は暑さで死んでしまわないか」

室内に置く場合はクーラーがかかった状態でおかないといけません。
屋外の場合はクーラーの取り付け出来る大きな犬小屋にしないといけません。

お客様の犬小屋を紹介します。

 川村 様

 東京都・・・の・・です。いろいろお世話様になりました。

 年末ギリギリに商品が届きまして、何とか年内に組立を終了し、気持ちよくお正月を迎える事ができました。

構想を練ったり、図面を書いたり、ご相談にのって頂いたりと、いろいろ悩みながらも楽しませて頂きました。わんこ達もほとんど鳴く事なく、安心して寝ていられる様で、とても嬉しく思います。

 暑さ寒さ対策にウインドエアコンを設置できるようにお願いしましたが、寒さの方は全く問題ないようで、川村さんがおっしゃられていた様にとても暖かいらしく、結露ができる程でビックリしました。これなら夏の涼しさも期待できるのでは?と、今後も楽しみにしています♪♪

 それでは遅くなりまして申し訳ございませんでしたが、画像をお送りいたします。

うまく組立られています。
この犬小屋防音対策の犬小屋2軒を上に積み上げた状態です。この状態で側面にクーラーを設置した箱が接続します。扉は、幅が広い為丁番を大きな物にしました。
トイレの仕切りや扉の寸法までお客様のご希望の小屋にしました。
杉材は、木目が優しくリビングなどに置いても違和感がありません。それからどんなに寒くても木肌は冷たくならず触れていると温かくなります。今からの季節ワンちゃんも快適に過ごせると思います。
有難う御座いました。



お客様より頂きました犬小屋の画像も160件を超えました



オリジナル犬小屋販売の犬小屋製作工房 K




ブログトップへ