嶺北杉で作る快適な犬小屋

?嶺北杉で製作する快適な犬小屋


私は、 地元の嶺北杉を使い国産材100%の快適でオシャレな犬小屋を製作しています。

住宅のシックハウス対策やアレルギー対策の住宅によく杉材が使われる様になりました。
保温性も高く冬場は暖かな室内となり木肌も暖かく床板が杉板だと裸足でも冷たく感じません。
夏場は、木が
湿気や嫌な臭いも吸収し快適な室内にしてくれます。
構造材をはじめ床板 壁板 天井板と杉板を仕上げ材として使うと効果も大きい。
杉は自然の柔らかな木の臭いです。

こんな事がシックハウスを気にされる方やアレルギーで困っている方の住宅に杉材が使われるのだと思います。
特に嶺北杉は、芯部分がピンク色をしていて柔らかさと温かさが感じられます。
木目も柔らかく節があっても落ち着きます。こんな木の作りの中にいると癒されます。


人に優しいという事は、ワンちゃんにも優しいという事だと思います。
この木材で作る犬小屋を嫌がるワンちゃんはいません。
値段が高い安いではなく快適な環境を作る木材を選ぶ事だと思います。


私は、この嶺北杉で犬小屋とはいえ住宅の作りで犬小屋を作ります。
例えば壁板はすべて凹凸加工で合わせ丈夫で気密に作ります。

厚さも最大で5cm厚さで製作します。
1軒に1ヶ所開閉できる通気窓を付けます。


嶺北杉を使った犬小屋の組立て方を注文頂きましたお客様に説明いたします。

 

この小屋は、小屋の屋根に上がりたがる室内犬の為に上がりやすいスロープの付いた犬小屋を・・・と注文を頂いたものです。
2年前に製作した事はありましたが今回は展望台より小屋が引き出せる作りです。

 

以前製作しました展望台付き犬小屋です。 https://www.inugoyak.com/MiniatureDog/199.html

今回製作した小屋です。

組立てるとこんな感じの小屋が出来ます。

① 3個の梱包で届きますので梱包をときます。
② 小屋に屋根を乗せます。小屋は、これで完成です。

 

小屋の左に階段を小屋の右側に枠に組んだ展望台の側面を添わせる。

 

後板を左右柵の後面上端に合わせビスをねじ込む。(右75mmビス 左120mmビス)

 

⑤前板を左右柵の前面上端に合わせビス留めします。⑥後側の中段板をはめる。画像は、(上部のデッキをはめています間違いです)

 

上部のデッキ板をはめ4隅より75mmのビスをねじ込む

 

後面で左右の柵が開かない様に板をビス留めします。(板は幅に合わせカットしています。)
前面も足元で左右の柵をつなぐ様にしています。(つながなくても大丈夫です。) ・小屋にはキャスターが付いていますので引出して屋根を取り掃除も出来ます。

 

⑩これで完成です。 お疲れ様でした。

 

この内容で組立て方がわからない場合 連絡ください。説明いたします。 090-3188-4102 川村

雨の掛かる場所では1年に1度は塗装をした方がいいです。木が汚くならず長持ちします。
塗装の仕方メールでお送りします。

有難うございました。

 

私の犬小屋は、組み立てを家族で楽しんで頂く事も商品の一部だと考えています。
パネル状に解体出来て簡単に組立が出来るそんな商品にと考えながら製作しています。

作り方は、大筋のマニアルを作りそれに基ずき製作しています。ですから土曜 日曜にかけて組立てするお客様より
組立てが解らないと連絡を頂く事もあります。話を聞くと大体の事が解り説明できます。

 

年間500軒あまりの注文を受け製作します。

お客様の希望と私のアイデアをプラスして快適に過ごせ丈夫でオシャレな犬小屋を製作しています。

 

 

・ 製作事例 https://blog.inugoyak.com/archives/11810 

・ 大型犬犬小屋販売価格 こちらです。

・ 中型犬犬小屋販売価格 こちらです。

 ブログトップへ    ホームページトップへ