柴犬の犬小屋

柴犬の犬小屋(普通タイプ)

うちは、高知の山の中地元の木しか使わん。
国産杉材100% 合板や外材はとんでもない。

杉材は、匂いがしません。臭いがしないことが一番です。触れていると暖かい。
すこし柔らな木ですが噛んだ跡がトゲにならない。柔らかい分板の厚さを厚くする。
入口面5cm板 後の3面3cm板を使います。これが普通タイプなんです。

5cm厚さで出来た小屋見た事ないと思います。少々齧っても壊れない。
壊れないので商売にならん。・・・とか 

120130_090133mizunodsc_0513

そんな作りの小屋をお客さんの希望を取り入れ形にします。置けるスペースでバランスの良いデザインで提案しています。
・屋根が前から後ろに流れる勾配
・入口を横に広く付け袖壁が開く作り
・雨の日触れずに餌が食べられるデッキ付き

新しい画像 (1)nagasimap1000022

特に柴犬やボーダーコリーやMIX犬は、成犬になるまでよく噛みます。
薄っぺらい犬小屋ではすぐに入口面が全面開口にされます。

新しい画像
犬小屋の修理 https://blog.inugoyak.com/archives/3392

徳島県小松島市にお住いのお客様から注文頂きました。

無事 組立完了です。しっかりした枠組で重量感がありびっくりです。

DSC_0033

ワンちゃんまだ慣れないのか小屋の外います。
小屋の中が温かいのですぐに馴れると思います。
ワンちゃんの一生の小屋になると思います。

有難うございました。

 

Facebookページはコチラ

 ブログトップへ     中型犬犬小屋販売