ラブラドールの犬小屋

ラブラドールの犬小屋

室内犬小屋

京都府にお住いのお客様よりお問い合わせを頂きました。

【犬小屋内容】
犬種(ペット): ゴールデンレトリバー
犬小屋大きさ : 大型
犬小屋サイズ : 幅80cm 奥行120cm 高さ70cm
入口サイズ  : 幅cm 高さcm
犬小屋タイプ : 厚板タイプ
板の厚さ   : 30mm

その他の希望:
はじめまして。・・です。
現在10カ月のレトリバーをテラス(屋根あり、扉あり)で飼っています。
初めての冬を越すのですが、隙間風もありテラスは寒い状況です。防寒のために、テラスの中ですが犬小屋を準備したいと考えています。
少し大き目ですが、犬が横になって、丸まらずに手足を伸ばしたままで寝れるサイズが、内寸で80×120cmとなります。

私の準備がおそく、あせっています。
納期と費用によっては、すぐにでも発注したいと考えています。お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

この様な内容のお問い合わせを頂きました。
室内ですから邪魔にならない左右の出っ張りを無くしキャスターを付け製作してお届けしました。
コメントと画像を頂きました。

小屋製作工房K 川村さま

・・です。お世話になります。

写真を2点添付します。
ゆったりと中で寝ています。

入り口の逆側の天板と側面の板の間に
隙間が空いてきたのですが対応策はありますか?

 

・・ 様

犬小屋製作工房K 川村です

画像有難うございます。

小屋に入っている表情が落ち着いていて気に入ってくれたのだと感じます。
良かったです。

隙間の件ですが
周りの乾燥状態で板が反ったのだと思います。

対策としましては、
・上に物を置き乾燥しても曲がらない癖を付ける。
・屋根を小屋本体に固定してしまう。
大きくは反らないと思います。湿気があると少々は戻ります。

最終の隙間が気にならない対策としまして
壁板の上側に戸当たりを打ち屋根との間全体に隙間を付ける。

無垢材の良いところは多くありますが湿気で木が収縮したり膨張したりします。
室内の場合暖房が湿気を奪ったのだと思います。

大きくは反りませんので以上の対策をしてください。

有難うございました。

他のお客様の犬小屋

 
ブログ記事 https://blog.inugoyak.com/archives/4452 


ブログ記事 https://blog.inugoyak.com/archives/5810 

 ブログトップへ    ホームページトップへ