柴犬の犬小屋

柴犬の犬小屋

大阪府にお住いのお客様よりお問い合わせ頂きました。

早速、置く場所の写真をお送りします。
•左側の棒状のものはカリンの木が植わっています。(撤去出来ません。すいません…)
•ブロック塀のプランターは撤去します。
•外寸が120×60がベストです。(屋根の形状はお任せ致します)
•デッキが左、部屋が右。
•通気窓を部屋側(HPの写真のように)開けてください。
•犬小屋の脚は若干長めで、防腐、防蟻塗装お願いします。
•デッキと部屋の床は段差が無く、フラットにしてください。(デッキ部はスノコ状可)

以上、よろしくお願い致します。

kitada2551_ (6)

この様なメールと据える所の画像を頂きました。
ご希望の小屋は下画像の小屋でした。

b-inoDSC00003

デッキ付き犬小屋
・濡れずに餌が食べられ入口横の開口は、季節により格子建具とパネル建具が取替え出す。
・デッキの床は、スノコ状となり少々の雨が降り込んでも問題ありません。
・部屋の奥には通気窓も付いています。
・部屋に掃除用の扉を付ける事も出来ます。
・塗装・・壁ウッディー 屋根・・グリーン・小豆色・ウッディーより

サイズも図面で確認頂きまして製作してお届けしました。

川村さま

大阪の・・です。
ありがとうございました。早速、組み立てました。
1時間程度で組み立てました。
サイズもバッチリで、綺麗に収まりました。
初めての小屋でポチは少し緊張気味ですが…
これで、雨の日も大丈夫です。

kitada2552__ (7)

画像有難うございます。
上手く組み立てられています。
後は屋根の塗装を年に2回 本体を1回すると長持ちします。

有難うございました。

Facebookページはコチラ

 ブログトップへ    ホームページトップへ