室内サークル

室内サークルを製作しました。
itou269DSC94622
こだわりの作り
・毛が飛び散らなように床より少し立ち上がりを付けています。 
・格子は、19㎜シルバー鉄棒を使います。
・噛まないように鉄L型アングル取り付け角を補強しています。 
・給水ペットボトルが付けられるピッチに格子をしています。
・住宅用安全塗料で塗装 (メイプル又は白)
・入口は、ご希望の位置に付けます。
・住宅の壁になる面は、格子を板の柵にします。
・フタは、半分が後に開く作り(物も置けます)

この様な作りでお届けしました。
フタの丁番は、お客様の希望の物を取り付けました。
スガツネ LAMP パワーアシストヒンジ HG-PA200型
片手で開き勝手に閉まり手を挟む事もない。優れものでした。

 

犬小屋製作工房 K 川村様、城下様

秋涼の候、皆様におかれましては益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
この度は素晴らしい愛犬の住屋を作って頂き、大変ありがとうございました。

最初、運送会社から送られてきた荷物の大きさ、多さにびっくりし、梱包を解いて組み立てに1時間、その大きさと豪華さに二度びっくりいたしました。

サークルの仕様につきましては、メールによる度々の協議、仕様の変更に快く応じて頂き、大変感謝しております。こちらの指定とはいえ、できあがるまでには本当にこの色でいいのか?上蓋のヒンジはうまく働くのか?と心配しておりましたが、配達された梱包を解いて部材が見えた瞬間、妻が「この色よ!!!」との一言で安心し、組み立て終わって、上蓋の動作を確認して指一本で開け閉めできることを確認して思いの通りのサークルが出来たと大変満足しております。

愛犬も何の躊躇もなく小屋に入ってくつろいでいたのですが、気がつくと床近くの角をガジガジと噛んでおり、かなり痛んでしまいました。杉の木は軟らかい木材とは知っていましたが、元々噛む力の強い犬種なので、あっという間でした。
床シートの押さえ用にせっかく送って頂いた材木ですが、これではすぐにだめになると思い、ネットでアルミのL型アングルを取り寄せ、後日床シートを貼った後に補強用として設置しました。その後はシート、木材ともに損傷もなく、機嫌良く小屋の中でボールを追いかけ遊んでいます。ただ、中央奥の左側の平面の板の部分をどうやったかわわかりませんが、かじって直径10cmが5mmほどへこんでいました。こうなると逆に感心するものですね。

最後に、完成した犬小屋と愛犬の写真をお送りいたします。

最後にお礼のメールが遅くなりまして、大変申し訳ありませんでした。

今後ともよろしくお願いいたします。

itou269DSC94622
itou269DSC9458

・・ 様

犬小屋製作工房K 川村です

画像有難う御座います。
上手く組み立てられています。あちこち補強もされているようです。
ボーダーコリーや柴犬は、成犬になるまでよく噛みます。噛ませる何かを入れ噛ませて下さい。

杉材は、良いところも有りますが短所もあります。柔らかいので傷がつきやすい噛まれやすい。
柔らかなだけに触れていると暖かくなります。噛んだ後がトゲになり難いです。

大きく痛んだら部材の交換も出来ます。気を落とさずに使ってください。

有難う御座いました。

 

 

Facebookページはコチラ「いいね」よろしく

 ブログトップへ    HPトップへ