子犬の無駄吠え対策

子犬の無駄だ吠え

子犬を迎えた夜は、親と兄弟と離れ寂しいのか鳴きます。
そんな鳴き声がご近所迷惑ではないかと気になります。

兵庫県にお住いのお客様よりご注文頂きました。
コメントも頂きました。

そんなワンちゃんをSNSで紹介しています。

 

❁⃘子犬の鳴き声 防音対策❁⃘

犬種           トイプードル
月年齢       3ヶ月
飼育環境  マンション

マンションのリビングで一般的なゲージに入れて飼育していましたが、生後3ヶ月あたりから要求吠えや無駄吠えをするようになりました。早朝や深夜に吠えることが多く、その声は1時間前後続きます。建物の構成上の問題もあり、ご近所さんにも響き渡ってしまいまして、吠えに対する躾の王道である無視をすることが出来ず、防音対策を検索していたところに犬小屋製作工房Kさんの防音ゲージカバーを見つけました。

けれど、我が家には高額なため購入する事をすぐには決められませんでした。その他に、愛犬を閉じ込めるなんて可哀想と思ってしまったり、部屋の温度はどうなるの?息苦しくはないの?など心配で、実際に使ってる方の声を確認したり、お店の方にも問い合わせをしました。お店の対応は、川村さんがすごく親切で安心のできる説明をして下さいました。また環境やゲージカバーを実際に扱う子供たちには、どのタイプのものが合うかなども一緒に考えて下さいました。

そして、我が家は躾のために愛犬が鳴いても無視が出来る環境を作ってあげること、私たちの睡眠と鳴いてても大丈夫という安心を得るために購入を決めました。

購入した防音ゲージカバーは⑤のタイプ。こちらにオプションでキャスター・内側に引き違い扉・天井の網張り・内側にベニヤ張りをしてもらいました。組み立ては、段ボールにも分かりやすく表示があって、説明者も読みやすく、分からないことは川村さんに直接電話をして苦手な私でも出来ました。(3回も電話してごめんなさい。)

・完成後、実際にどんなものなのか私も体を入れてみましたが、空調の音も静かで、 暗すぎず明るすぎず、中から外の視界もアクリル板が透明なので問題なく、安心して愛犬を誘導することができました。愛犬自身は最初は多少戸惑う姿も見られましたがすぐに慣れてベットで寛いでいました。

肝心の防音ですが、ばっちりです。部屋では鳴き声は聞こえるものの小さくなりました。部屋の外に出ると更に小さく聞こえ、表に出ると聞こえるかな?聞こえないかな?ぐらいです。我が家は普段はゲージの扉だけを閉め、防音扉OPENにしています。鳴き始めたら引き違いの扉を閉め、出かける時と早朝と深夜は防音パネルをつける形で使い分けています。

川村さん、犬小屋工房制作Kのスタッフのみなさま、本当にステキななものをありがとうございましたた。防音ゲージカバーのお陰で、愛犬との生活が楽になり、心にも余裕ができました。

きっとペットの鳴き声に悩まれる方はたくさんいると思います。1人でも多くの方に情報が届き、飼い主さんとペットが幸せになれたら私も嬉しいです✩.*˚

https://www.instagram.com/puusuke_2019.11.3

 

有難う御座いました。

子犬という事もありましたので子犬から老犬まで永く便利に使える5タイプをお勧めしました。
5タイプは、前面が全開になります。老犬の世話もケージを出して洗う事も出来ます。
4タイプも前面が全開になりますが扉を水平にし天井に押し込まないといけません。それと自分の体の分もケージカバーの前にスペースがいります。
お勧めした5タイプは、場所を取りません。それと最後に取り付ける大きなアクリル板を付けません。

最新の防音ケージカバー5(5タイプ ブログ記事) https://blog.inugoyak.com/archives/17731 

https://blog.inugoyak.com/archives/17876

次のバージョンアップは、扉を開き戸にします。

お問い合わせ
携帯 090-3188-4102 川村
メール info@blog.inugoyak.com

防音ケージカバーいろいろ・・https://blog.inugoyak.com/archives/17299