修理の出来る犬小屋(コーギー)

修理の出来る犬小屋(コーギー)

手作りの犬小屋だから出来る犬小屋の修理を紹介します

長野県にお住まいの久保田様よりお問い合わせを頂きました。

生後2ヶ月の雄のコーギーを飼いはじめて
7ヶ月になります。
まだ子犬のためか、噛み癖があり
市販品の犬小屋を作ってあげても、
破壊され現在4軒目の小屋も、
時間の問題となっております。

そこで丈夫な犬小屋を探していたところ、
当ホームページをみつけ、お願いしようと
決心しました。

このようなメールを頂きまして4面5cm板で製作する丈夫な厚板タイプをお勧めしました。

購入して頂いた時の画像です。

7ヶ月後

 

俺を散歩に連れて行かないのでこんなにしてやった。  と目が言ってます。
こいつは簡単にこわれんな~  とも目が言ってます。

市販の犬小屋は、7ヶ月で4軒ボツにしましたが、私の犬小屋は、まだこの状態しかしまだまだ使えます。

1 屋根を外し入口面を下にして寝かし入口横に板をビス留めします。
2 柱にねじ込んだビスを外します。

 

3 柱を外します。

 

4 新しい柱を取り付けます。

5 柱の上に出た部分を切り取って屋根を伏せれば完成です。


「俺ってこんな犬。  と目が言ってます。」
それでも大事な僕の家直してもらわないと困るなー

この犬小屋の修理は、お客様の久保田様がされました。
木のささくれた部分は、サンダーやカッターで削り塗装すると見やすくなります。

入口枠 屋根仕上げ材も取り替えればまだまだ長持ちします。
子犬のワンちゃんは、どの犬種も噛みます。特にコーギー・柴犬などはよく噛みます。
当社の犬小屋は、入口面がどの小屋も5cm厚さの板で製作しています。
この厚さが無いとすぐに入口面全面が開口にされます。

当社の製作しますどの商品も修理が出来ます。
新品とまではいきませんが見やすくなります。
ご相談ください。修理方法などお教えしします。
有料となりますが材料も加工してお送りします。

噛めないスチールやプラスチックもありますがやはり冬は暖かく 夏は、涼しく快適なのは木のハウスだと思います。

犬小屋価格表 https://www.inugoyak.com/PriceList/

ワンちゃんは、成犬になるまでよく噛みます。 薄っぺらい小屋ではすぐに壊されます。

 

 

オリジナル商品紹介  https://blog.inugoyak.com/archives/9012

・防音ハウスは、コチラ

・大型犬専用サイトはコチラ

・猫専用サイトはコチラ
Facebookページはコチラ「いいね」よろしく

 ブログトップへ    ホームページトップへ