サークル+小屋一体型組立て(2)

サークル+小屋一体型組立て

この画像の小屋の組立て方を説明致します。

・小屋+柵の柱部分にブロックを敷き高さをそこそこ水平にしておきます。

1 小屋部分を組立てます。
・後面パネルに側面パネルの天端を合わせ後面よりビスをねじ込みます。
・左右のパネルの天端に前面パネルに付けた印に合わせ前面よりビス留めします。
・水平器で小屋の水平を見る。小屋隅柱下のボルトを回し高さを調整する。
・床を敷く。

2 側面の柵を小屋柱に付けた印に柵天端を合わせビス留めします。
・ デッキが乗るようにブロックを柵側に多く出します。
・ 柵を小屋本体に接続したら前面部分のブロックと柵の間をボルトで調整する。
・ 左右の柵の間に前面よりデッキを差し込む。(デッキ下のボルトで高さを調整出来ます)
・ 前面柵を左右のさくの天端を合わせ前面よりビス留めする。

3 左右の柵に柱をはめ 梁を渡し留める。
・ 小屋側より60cmの印に柱をはめ内側よりビス留めします。
・ 柱上部のナットと座金を外し梁をボルトに通し座金とナットを締めつけます。(梁は小屋側に下がる勾配)
・ 鳥居に組んだ梁を柱前に添わせ柱にビス留めします。

4 後面屋根を伏せます。前面柵を伏せます。
・ 後面屋根を屋根に開けた穴にダボ栓を合わせる様にしてはめる。
・ 前面屋根も同じくダボ栓に合わせ伏せる。
・ 屋根仕上げ材の上より笠の付いたビスをねじ込む。(仕上げ材をへこまさない程度ねじ込む)

5 左右の柱下にブロックを敷きボルトで突っ張る。
・ ブロックが小屋より5cm程の出になるように全体を見る。
・ 全体の高さも調整する。
・ デッキ下ブロック上にレンガを敷きデッキ下の隙間を高くすると良いです。
 


・前面屋根は、天気の良い日は外す事も出来ます。
・噛み癖のあるワンちゃんには枠の角にL型アングルを付ける事も出来ます。
・高さを高くする事も出来ます。

二人で1時間ほどで完成しました。
お客様は、捨て犬の面倒をみられている方で力の強い元気なワンちゃんがよく脱走するので困って連絡頂きました。
これで安心と喜んで頂きました。

 

サークル+小屋一体型組立て(1)https://blog.inugoyak.com/archives/2827 

サークル小屋一体型 https://blog.inugoyak.com/archives/13708

工房案内 https://www.inugoyak.com/information/ 

・お問い合わせ 注文は、PHより連絡ください。

facebookページ

ブログトップへ     販売ページへ